積立投資の早すぎる利益確定は複利効果の機会を失うのか

企業型確定拠出年金・iDecoを問わず確定拠出年金を運用中、かつ株式商品にある程度拠出していた人は、大半が2020年は急激な利回り上昇を経験したと思います。「この利益は確定すべきなのか?」という疑問が湧いてきますが、今回はその点を考察してみます。 目次2020年における主な株価指数の推移複利効果を考える利益確定は頻繁に行うべきなの…

続きを読むread more

GPIFが掲げる年金積立金の運用目標について

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が掲げる運用目標について、8/20にTwitter公式アカウント上でツイートしていました。このツイートを通じて公的年金、および年金積立額について理解を深めてみたいと思います。 目次8/20のGPIFによるツイートGPIFの運用目標の詳細将来の公的年金について確定拠出年金で設定する運用利回り…

続きを読むread more

REIT商品による不動産投資の魅力を考える

今回は企業型確定拠出年金の商品として含まれている「REIT(Real Estate Investment Trust、リート)」について触れていきたいと思います。REITは不動産投資商品ですが、企業型確定拠出年金のポートフォリオに含めていくべきなのかを検討していきます。 目次REITとは?企業型確定拠出年金の商品例直近1年のREI…

続きを読むread more

企業型確定拠出年金やiDeCoを「ほったらかし」で上手に運用する条件

企業型確定拠出年金やiDeCoは原則として最低60歳まで引き出せません。制度の特徴からしても加入者の大半は最低15年以上は運用する方が多い筈なので、今回はそんな長期に渡る確定拠出年金を「ほったらかし」で上手に運用する条件を考えてみます。 目次管理画面へのログイン方法を把握する運用商品の特徴を把握する開始後、半年以内にスイッチングと…

続きを読むread more