企業型確定拠出年金 運用考察ブログ TOP > 運用実績 > 2021年4月末時点の資産評価額構成比と運用実績について

2021年4月末時点の資産評価額構成比と運用実績について

GWも気づけば残り3日という状態ですが、今回は4月末時点の運用実績をまとめます。
今回は昨年4月に企業型DCを開始し、ちょうど1年が経過したタイミングとなりました。そのため管理画面で表示される運用利回りも今月から年率換算になったので、その点にも触れたいと思います。


2021年4月末の商品カテゴリー別の資産評価額構成比


まずは商品カテゴリー別の資産評価額構成比の変化についてです。過去と同様に前月との変化という形で振り返ります。
2021年4月末の商品カテゴリー別資産評価額構成比
4月に主に変化があった点は

・外国株式型の割合が3.3%上昇
・元本確保型の割合が1.6%減少

この2点です。3月の終わりにリバランスを行い、外国株式型に掛金の6割を外国株式型に寄せているので、外国株式型の割合は上がって当然ですが、3月末の結果では前月より5.4%上昇していたので、4月はやや上昇度は下がりました。
「掛金が変わっていない中で上昇率は3月末より上がっていない」という事は外国の株式市場が4月はやや落ち着いていた、という事かと思っており、実際にナスダックだけですが確認してみたところ、4月は3月に比べれば株価は上昇していませんでした。
ナスダック株価推移
4月のアメリカ市場だとバイデン大統領がキャピタルゲイン増税を打ち出していたり、GAFAなど株価を大きく左右する大企業の決算が4月末に発表され各社軒並み好調だったため5月に入ったら確定売りも出てきそうだな…と考えています。

【参考記事】
・米キャピタルゲイン増税、実現なら今年まず売り-パニックは尚早(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-23/QRZNNBT1UM0W01
・アップル売上高1.5倍 出そろったGAFA決算、懸念は?(ITmedia)
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2104/30/news076.html

2021年4月末の運用実績(運用利回りスコア)


続いて過去記事と同様に運用利回りスコアも見てみますが、4月はそれほど大きくは上昇していません。
2021年4月末時点の運用実績(運用利回りスコア)
※実績管理をし始めた2020年12月末の運用利回りを基準にスコアリングしたもの

2月と3月が思いのほか運用利回りが上昇したので4月は物足りなく感じてしまうのは人間の性ですかね…。「今月も下がっておらず良かった」と捉える様にしたいと思います。ただ年末からリバランスを数回行い、各商品カテゴリーの資産評価額構成比を調整したことで企業型DC1年目の最後の四半期は良い成長率になったかな、とは思います。放置しないで良かった…。

企業型DC開始1年後からの運用利回り数値表示の変化理由


最後に、冒頭でも述べた通りちょうど4月末で企業型DCを始めて1年が経ちました。そのため、管理画面で表示される運用利回りの数値にも変化が出ました。
ほかの運営機関だとどうなっているか分からないですが、私の企業では運営機関は三菱UFJ信託銀行になりますが、1年経過した時点から数値のロジックが変わるようです。

・1年未満の場合
「(資産評価額÷累計掛金)-1」→この数値を運用利回りとして表示

・1年経過後
それまでの月ごとの利回りを基に年率換算した数値を表示

上記の様に変わるようです。管理画面のInformationにも説明されていましたが、あまり認識してませんでした。そのため今月に入って管理画面に表示された運用利回りが異常に上がっていたので「不具合?」と最初は思っていましたが、単純に自身の認識不足でした。同じ疑問を持った人の参考になればと思います。

ただ、この年率換算だと過去から使っていた独自の運用利回りスコアが利用できなくなってしまうので、月ごとの実績は今まで通り「(資産評価額÷累計掛金)-1」の方法で実績を考察していきたいと思います。

著者:gnc21
東京都在住。Webサイト・スマートフォンアプリのデータ計測支援や分析業務を行う会社員。
企業型確定拠出年金の運用を2020年より開始。投資運用経験は企業型確定拠出年金のほか、一般NISAによる国内株式の特定銘柄購入、投資信託やETF購入が中心。

この記事へのコメント