2021年8月末時点の資産評価額構成比と運用実績

今回は8月末時点の運用実績について取りまとめたいと思います。8月は海外だとFRPパウエル議長が「直近での金利上昇は考えていない」と発言したことで米国などの株式は上昇傾向でしたが、その影響もありプラスに推移する形でした。 目次2021年8月末の運用商品カテゴリー別の資産評価額構成比2021年8月末の運用実績(損益率スコア)日本経済新…

続きを読むread more

積立投資の早すぎる利益確定は複利効果の機会を失うのか

企業型確定拠出年金・iDecoを問わず確定拠出年金を運用中、かつ株式商品にある程度拠出していた人は、大半が2020年は急激な利回り上昇を経験したと思います。「この利益は確定すべきなのか?」という疑問が湧いてきますが、今回はその点を考察してみます。 目次2020年における主な株価指数の推移複利効果を考える利益確定は頻繁に行うべきなの…

続きを読むread more

GPIFが掲げる年金積立金の運用目標について

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が掲げる運用目標について、8/20にTwitter公式アカウント上でツイートしていました。このツイートを通じて公的年金、および年金積立額について理解を深めてみたいと思います。 目次8/20のGPIFによるツイートGPIFの運用目標の詳細将来の公的年金について確定拠出年金で設定する運用利回り…

続きを読むread more

REIT商品による不動産投資の魅力を考える

今回は企業型確定拠出年金の商品として含まれている「REIT(Real Estate Investment Trust、リート)」について触れていきたいと思います。REITは不動産投資商品ですが、企業型確定拠出年金のポートフォリオに含めていくべきなのかを検討していきます。 目次REITとは?企業型確定拠出年金の商品例直近1年のREI…

続きを読むread more

企業型確定拠出年金やiDeCoを「ほったらかし」で上手に運用する条件

企業型確定拠出年金やiDeCoは原則として最低60歳まで引き出せません。制度の特徴からしても加入者の大半は最低15年以上は運用する方が多い筈なので、今回はそんな長期に渡る確定拠出年金を「ほったらかし」で上手に運用する条件を考えてみます。 目次管理画面へのログイン方法を把握する運用商品の特徴を把握する開始後、半年以内にスイッチングと…

続きを読むread more

2021年7月末時点の資産評価額構成比と運用実績

今回は2021年7月末における企業型確定拠出年金(企業型DC)の実績をまとめます。実際には7月は今日までですが、休日は管理画面で数値変動はないと認識しているので実績を振り返っていきます。 目次2021年7月末の運用商品カテゴリー別の資産評価額構成比2021年7月末の運用実績(損益率スコア)過去1年のスイッチング購入・売却金額の推移…

続きを読むread more

「米国」「先進国」「新興国」・・・外国株式各ファンドの違い

今回は各運営機関でも企業型確定拠出年金(企業型DC)の商品として含まれている筈の外国株式型商品の各ファンドの違いを取り上げます。ここ1年で企業型確定拠出年金(企業型DC)の利回りが好調だった方々は、おそらくポートフォリオ(商品構成)に外国株式型商品を一定の割合で配分していたと思います。2021年になり成長率が鈍化気味である日本株式(国内…

続きを読むread more

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)発信情報を長期的な投資の参考に

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)についてご存じでしょうか。私自身も恥ずかしながらこれまで知らなかったのですが、2021年春頃からTwitterやYouTubeで積極的に情報を発信しています。その情報は長期的な投資を考える上で参考になりそうなので、今回取り上げてみたいと思います。 目次GPIFとはGPIFが発信する情報例長…

続きを読むread more

「ほったらかし投資」が魅力に見える3つのポイント

最近になり、「ほったらかし投資」というワードに興味関心が強いです。ほったらかし投資がなぜ魅力的に見えるのか、3つのポイントに分けて考察します。 目次ほったらかし投資は、チェックする手間暇がかからないほったらかし投資は、気付いたら運用益が上がっているパターンが多いほったらかし投資は、将来に向けた資産運用に向いているほったらかし投資を…

続きを読むread more

2021年6月末時点の資産評価額構成比と運用実績について

2021年も半分が終了しました。今回は6月末時点の自身の企業型確定拠出年金の資産評価額(運用益)について振り返ります。また、運営機関である三菱UFJ信託銀行のレポートも含め、運用利回り状況についても考察してみます。 目次2021年6月末の運用商品カテゴリー別の資産評価額構成比2021年6月末の運用実績(運用利回りスコア)運用利回り…

続きを読むread more