2021年5月末時点の資産評価額構成比と運用実績について

私にとって企業型確定拠出年金運用の2年目開始月である5月の運用実績を、各運用商品の資産評価構成比とともに振り返ります。5月は例年だと「セル・イン・メイ」という言葉もあるくらい株式が売られやすい時期なのですが、運用実績は順調に推移しました。 目次2021年5月末の運用商品カテゴリー別の資産評価額構成比2021年5月末の運用実績(運用…

続きを読むread more

図解説明:企業型DCの管理画面からリバランスを実行する手順

確定拠出年金における運用見直し方法の一つであるリバランスについて、管理画面上から実際に行う手順を管理画面のキャプチャを交えながら説明します。 ※私の場合は三菱UFJ信託銀行が会社の運営機関になるので、三菱UFJ信託銀行が用意する管理画面の方法になります。 目次管理画面にログイン「運用商品お取引」ボタンをクリック「運用割合を変更」…

続きを読むread more

運用中の確定拠出年金おすすめ注力ポイント5選

確定拠出年金における運用見直しにあたり、おすすめする注力ポイントを5点紹介します。なお、確定拠出年金をまだ開始されていない方は以下の記事をご覧ください。 開始時の確定拠出年金のおすすめ注力ポイント5選(2021/4/24) 目次資産評価額の定期的なチェック運用商品ラインナップのチェックリバランス(運用割合変更)の活用と活用タイミング…

続きを読むread more

企業型確定拠出年金開始後、初めてスイッチングを実施

企業型確定拠出年金の運用見直し方法であるスイッチング(運用商品預替)を管理画面から初めて行いました。スイッチングとは既存で運用していた商品Aを売却し、代わりに別の商品Bを購入する運用方法です。今回のスイッチングで行った売却商品や購入商品などをまとめたいと思います。 目次スイッチングの役割とは売却商品と購入商品スイッチング後のリバラ…

続きを読むread more

2021年4月末時点の資産評価額構成比と運用実績について

GWも気づけば残り3日という状態ですが、今回は4月末時点の運用実績をまとめます。 今回は昨年4月に企業型DCを開始し、ちょうど1年が経過したタイミングとなりました。そのため管理画面で表示される運用利回りも今月から年率換算になったので、その点にも触れたいと思います。 目次2021年4月末の商品カテゴリー別の資産評価額構成比2021…

続きを読むread more

開始時の確定拠出年金のおすすめ注力ポイント5選

今回は、確定拠出年金を開始する際のおすすめ注力ポイントを5点ピックアップしてみます。なお、確定拠出年金を開始するか決めかねている場合は、以下の記事をご覧ください。 企業型確定拠出年金で「デメリットしかない」「ひどい」という声が上がる理由について 逆に、既に確定拠出年金を運用済みの場合は、以下の記事をご覧ください。 【運用編】確定拠…

続きを読むread more

企業型確定拠出年金で「デメリットしかない」「ひどい」という声が上がる理由

2021年4月時点でGoogleで「企業型確定拠出年金」というワードで検索をすると、検索候補には「デメリットしかない」「ひどい」といった検索候補ワードが表示されます。 なぜこのような検索候補ワードが出てくるのか、企業型確定拠出年金の現状を踏まえながら要因を考察してみたいと思います。 この記事の目次企業型確定拠出年金の制度が企業ごとに…

続きを読むread more

2021年現在の企業型確定拠出年金の実態とは?実態調査レポートから考察

今回は企業年金連合会が2021年2月末に公開した「確定拠出年金実態調査結果 (概要)」というレポートの内容を紹介しながら、2021年現在の企業型確定拠出年金の実態について考察してみます。 ※私見も含んでいるため、最終判断はレポートをご自身で確認の上でご判断ください。 この記事の目次実態調査による利用状況について企業による運営状況…

続きを読むread more

2021年3月末時点の資産評価額構成比の変化と運用利回り結果

本日は4月3日という事で、「資産形成を考える日」だそうです。本日知りました。単純な語呂合わせですが、iDeco、企業型DC、積み立てNISAといった資産運用を行う人にとっては、 「あ、そろそろリバランスやスイッチングやった方がいいかも」 程度のタイミングにすればいいのかな…と思います。 前置きが長くなりましたが3月が終わったので、…

続きを読むread more

掛金増加に合わせて企業型DCのリバランスを再度実施

企業型DCですが、私の会社では3月は年に一度の掛金の変更時期です。熟考して節税対策の意味も込めて掛金を2万円増やすことにしました。それを機に、1月にリバランスを行ったばかりでしたが、改めて直近の資産評価額による割合も鑑みて、リバランスを行うことにしたので、その変更内容をまとめてみます。 この記事の目次リバランスに至った背景今回のリ…

続きを読むread more